2017年07月02日

ヒアリ


最近ニュースで「ヒアリ」が話題になっているが、
最近買った、小学3年生の息子がお気に入りの「超危険生物大図鑑


本当にいる世界の超危険生物大図鑑/實吉達郎【1000円以上送料無料】

によると

 「サシアリ

って書いてあって
その補足として、

 「火あり」と呼ばれる微小なサシアリもいる。

って書かれている。


話は変わるが「セアカゴケグモ」も
日本に来たときは大騒ぎになって、
なんとか食い止めようと努力してたような記憶があるが、

今では近所の公園で見つかるぐらいに
なってしまった。

ちなみに「超危険生物大図鑑」によると
このクモにかまれた男はかならず死んで、
 その妻は後家になってしまうから「ゴケグモ」というのだ、
 という説もある

んだそうだが・・・


さて、「ヒアリ

早い目に食い止めておかないと
いずれ、セアカゴケグモみたいに、
きっと日本中に生息していくに違いない。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 10:29| Comment(0) | へ〜!