2017年11月15日

リンゴ


リンゴ赤くなると医者が青くなる。
と言われるほどリンゴは体に良いとされるが、

今日、ダイニングテーブルに置いてあったリンゴ
久しぶりに食べてみようと手に取ったら、
リンゴワックスの塗ったかのような
べたべた感が酷くて、
洗剤で洗ってから、皮をむいて食べた。

本来ならリンゴは、
皮ごと食べた方がよいとされるが、
ここまで、ワックスが塗ってあると、

逆に体に悪いような気がした。

これじゃ、
リンゴ赤くなると医者が青くなる
どころか、
リンゴワックス塗ると医者が(大喜びして)真っ赤になる
ような気がした。

ところで、
 −−本当にリンゴワックスを塗って
  ピカピカ光らせて美味しそうにしているのだろうか?

 −−リンゴに塗られたワックスは、実は食用で体には
  無害なのではないだろうか?

そう思って、調べてみました。

そしたら、
リンゴ自体がもつ天然のロウ物質であり
 保温や水を通さない役目をしている。
 ワックスが塗られているというのは
ガセ
なんだそうです。

よし!
明日はリンゴ1個皮ごと丸かじりするぞ!!





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 22:00| Comment(0) | へ〜!