2018年01月27日

副業


TVで副業をテーマにした内容を放送していて、
妻と一緒に観ていた。

いろいろと印象に残ったことを書いておこう、

・厚生労働省の「モデル就業規則」の
 第11条 第6項に
 「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」
 と記載があり、企業の多くがその文言を
 そのまま削除せずに就業規則に使ったことが、
 日本に副業を禁止している企業が多い原因ではないか?

・物価が上がって来て、その分賃金の上乗せを
 企業に求めるという構造から、
 企業の負担を減らし、労働者自らが、別の会社で
 働くことで、収入を高める時代になってきたのではないか?

・労働者がますます減少し、雇用したくても、働き手がいない
 企業にとって、副業は逆にありがたいのではないか?

・残業代をある程度あてにしている労働者もいて、 
 副業で残業代に相当する収入を得たいという労働者がいる。


で、TVで副業のコーナーが終わった後、

私「会社に勤めてる人がアルバイトしたら、そのアルバイト代にも
 税金かかるんやで

妻「そうなん?マンション経営とかでも税金かかるの?
私「そう。競馬で20万以上勝ったりしても税金かかるで
妻「宝くじは?
私「宝くじには税金かからへん。
 当籤(せん)金付証票法で、決まってるねん。

妻「えーそうなん! 1億円当たっても
 半分ぐらいは税金でもっていかれると思ってた。
 そうなん? 
 いいなぁーそれ。
 やったな!!!



  1億円当たってから、喜んでいただきたい。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 10:14| Comment(0) | へ〜!