2018年03月12日

確率


12分の1で当たりがでるくじ引きがあったとする。
例えば 
パズドラでレアなモンスターが当たるとか
ツムツムでレアなツムが当たるとか
何かゲームでレアなアイテムが当たるとか。

普通、12回引いたら1回ぐらいは当たるだろう・・・
と思って試してみる人もいらっしゃると思うが、

数学的に計算してみました。

1回目で見事当たる確率  8.3%
2回目までに当たる確率 16.0%
3回目までに当たる確率 23.0%
4回目までに当たる確率 29.4%
5回目までに当たる確率 35.3%
6回目までに当たる確率 40.7%
7回目までに当たる確率 45.6%
8回目までに当たる確率 50.1%
9回目までに当たる確率 54.3%
10回目までに当たる確率 58.1%
11回目までに当たる確率 61.6%
12回目までに当たる確率 64.8%
13回目までに当たる確率 67.7%

要するに3人に1人ぐらいは12回ガチャを引いても
お目当てのモノはゲットできない訳です。

ちなみに、
35回目までに当たる確率 95.2%
35回引いても、当たらない人は20人に1人はいる計算です。

53回目までに当たる確率 99.0%
88回目までに当たる確率 99.95%
100回目までに当たる確率 99.99836%

頑張りたい人は、
その覚悟で頑張りましょう!!


n回目までに少なくとも1つは当たる確率の一般式は
 1−(11/12) です。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 21:16| Comment(0) | ほ〜!