2018年12月04日

審査員


今年のM−1って結局面白かったけど。
やっぱり最初に出てくると、なんか、不利だと思った。

・30分ほど時間を拡大して、
 歴代のM−1チャンピオンが3組ほど
 出てきて、会場を温めてから始めるとか

・30分の拡大が難しいなら、
 歴代のM−1チャンピオン3組と
 決勝7〜8組ほどにしたら
 
くじ運で悔しい思いをする
コンビが減るように思った。

それにしても、審査員・・・。

おっと!
これは今、一番アカン キーワードだった。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

タグ:M-1
posted by 今日の気づき at 21:57| Comment(0) | ふ〜!