2019年04月11日

天の原


私が高校1年生の夏休みの宿題の中に
「百人一首をすべて覚える」というのがあった。

毎日10個ずつ覚えたが
そもそも
「なんで覚えないとアカンの?」
というモチベーションの低さもあり、
夏休み明けのテストは
確か百点満点中、50点ぐらいだった。

でも今、活字に親しむ機会に恵まれず、
ゲームばっかりしている小学5年生の息子に
毎日一首ずつ教えて覚えさせていると
自分自身もなんか百人一首の歌の意味や
歌を詠んだ背景、
そういうことを知っておかないと教えられないし
そのためにもまず自分が覚えるようにしていると

高校1年生の時にあれほど覚えにくかった
百人一首が何やらすらすらと覚えられるようになった。

1日1首。

今日で9日目だが、
息子も
今日は覚えたで。

 あまのはらぁ。
 ・・・
 ふりさけぇ、、、
 
 みればぁ
  ・・・
 山のぉ
 ・・・?
 月のぉ・・・
 あれ?
 さっきまで覚えとったのに・・・


とか積極的に覚えようとしている。

もうすぐ反抗期が始まる歳になってきたが、
まだまだ無邪気に覚えている姿をみると
なんか、微笑ましい。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 22:35| Comment(2) | ほ〜!