2019年04月17日

カナブン2


昨日のつづき

そしたらなんと!

の前に、

単に宅急便で送っただけでは、
宅急便が月曜日につかなかったり、
紛失される可能性もあると思ったので

企業のHPを探して、
お問い合わせ」から今回の不良品の件を
報告しておいた。
もちろん、電話番号も、メールアドレスも書いた。

そしたらなんと!
忘れもしない4月15日月曜日

丁重なお詫びメールが来ていた。
しかし、一か所だけ不思議な文言をみつけた。

・・・ 虫のような異物が混入 ・・・

の部分。

カナブン」って何度も明記しているのに、
どうして「」に集約され、しかも「ような」って書いてるんだ?

誰が見たって、カナブンである。

それを「虫のような」と表現されていた。

確かにおもちゃのカナブンの形をした、異物の可能性もある。
企業サイドからみると、私がわざと企業にたいする嫌がらせで
いたずらして、送ったということも想定しているだろう。

何にせよ、きちんと原因を調査して、調査結果がでるまでは
うかつなことを言えない、書けないというスタンスなのだと思う。

取り急ぎ、お詫びの品も送って来てくれたし、
また、後日報告書とかもらっても、
どうってことないんだけどな。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 20:02| Comment(0) | ほ〜!