2019年05月17日

萬壽


地酒ブームも焼酎ブームもあったけど、
どちらも全盛期に比べると
下火になったように思う。

久保田の萬壽が15000円の時もあったり、
森伊蔵が30000円の時もあったりしたが、
今はどちらも当時の6掛けぐらいの価格にになってきた。

幻の酒とまで言われた
越乃寒梅
浦霞
普通に見かけるようになり、
」という言葉自体に、重みがなくなってしまった。

しかし、日本酒も焼酎も飲まない人に
そんな話をしたところで、全く相手にもしてもらえず、

何?饅頭
 えっ??
 ・・・
 なんだ・・・
 ・・・
 さっきから、どうしてお酒の話に
 
お饅頭が出てくるのかと不思議に思ってた。

と言われるのがオチだった。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 21:06| Comment(0) | はー?