2019年07月10日

ハラミ


昼食に無性に焼き鳥が食べたくなってコンビニに行った。

ちょっと悩んだが、もも塩ハラミタレの2本を買った。

店員は外国人だった。
ちょっと日本語がた辿々(たどたと)しかったが

焼き鳥を温めてもらって持ち帰って食べた。

まずは、ハラミのタレを食べた。
一口食べた。

−−!!あれっ? これ、カワやん。。
 ちゃんと、聞き取れなかったんかな?
 
ハラミとカワと間違えるかな?
 まあ、いいか。。。
 いや
 よくないな。

本当に聞き間違えたりしていたら
レシートも間違えているはずだと思ってレシートを見た。

やっぱり、ハラミタレ、って書いてある。

−−交換してもらに行こうか?
 一口食べたしな。。。
 でも、店員が間違ったんだし、
 一口食べて分かったんだしな。。。

 どうせなら、全部食べて、
 串をを返したら、もう1本もらえるかな?
 そうしようかな?
 どうしようかな?

悩んだ挙句、やっぱり、交換してもらうことに決めた。

で、まだ温かい、いや、どちらかいうと熱い
ハラミまがいのカワの焼き鳥を袋に戻して、
さあ、返品に行こうとしたその時、
串に焼き印があることに気が付いた。

なんと!
ハラミタレ」って焼き印してあった。

交換しに店員と交渉していたら
めっちゃ恥ずかしい思いをするところだった。

しかし、そんなことより、
味覚がおかしくなっている自分が嘆かわしかった。

ハラミってこんな味だっけかな??





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 20:21| Comment(0) | ひー!