2020年07月06日

救急


3月9日の気づきの続き

生涯、4度目の救急車で運ばれた。

1回目は25年ほど前。
 原因不明の背中痛 ⇒ 尿路結石。

2回目は10年ほど前。
 原因不明の腹痛 ⇒ 便秘。

3回目は4カ月ほど前。
 おそらく尿路結石 ⇒ 尿路結石。

4回目が今日。
 腹部に経験したことのない傷み ⇒ 尿路結石。

ところで、救急車を呼ぶ前、
熱を左脇で測った。
36.3℃だった。

もう一回、右脇で測った。
36.0℃だった。

救急車を呼んでから
もう一回測った。
36.2℃だった。


ところで、救急車の中で体温を測られた。
なんと!

37.5℃だった。

救急救命士「咳とかありますか?
私「少し
救急救命士「痰は出ますか?
私「はい

この私とのやりとりで、受け入れ先予定病院から
病院「保健所に確認して
 許可が下りたら、受け入れます。

という条件付きになった。

救急車を呼んでから3分ほどで
家まで来てくれたが、
結局、病院に着くまでに20分ほどかかった。

ちなみに救急車内でもう一度熱を測ったら37.1℃

病院について熱を測ったら、36.8℃

診察が終わり、
家に着いて、もう一度熱を測ると 36.4℃だった。

どういうことだったんだろう?





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

タグ:救急
posted by 今日の気づき at 19:15| Comment(0) | ひー!