2017年01月19日

2017年用年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号


1月15日に2017年用年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号
(長い!!)が発表されたのを知らずに、
今日、発表されていたことを知って、
早速3等の切手シートが何枚当たっているか調べてみた。

しかし、何ですね・・・



人からいただいた年賀状の番号が当たっていたら
商品がもらえるという発想だと、
このままではいつか年賀状の文化がなくなってしまうように思う。

なので、自分が出した年賀状が当たっていたら、
相手にも自分にも現金1万円がもらえるような
そんな仕組みになったら、
もうちょっといろんな人に年賀状を出すかな。。。

いや、やっぱり、出さないな。。

ちなみに子供が3人いるが
3人合わせて出した年賀状はたったの10枚。

こういう子供たちが
大人になったとき(あと10年後)に果たして
年賀状を出し始めるのどうか・・・

なんか、どんどん日本の文化がなくなりそうである。




技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 21:04| Comment(0) | ふ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: