2017年08月05日

パッシング


道路に警察官が隠れて
スピード違反の車やバイクを
取り締まることがあるが、

最近目にすることが少なくなってきたように思う。

5年ほど前までは、時々警察官が取り締まっていた場所も
最近では偶然かどうかはわからないが、見かけていない。

今日もその道を通ったが、警察官はいなかった。

車を走らせながら思い出したことだが、
その昔は、警察がスピード違反の車を
取り締まっていたら、対向車が
昼夜を問わずパッシングしてくれた。

だから、意味もなくパッシングされたら
 「まもなくあなたが行くその先に、
  スピード違反を取り締まっている警察官が
  いるから、注意しなさいよ!

っていう意味に捉えていた。


今もそういう習慣というか風習がある
街ってあるのだろうか??

近所付き合いの少ないところは
もうないかもしれない。

パッシングされて、
コラーッ!!」みたいな。。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

タグ:パッシング
posted by 今日の気づき at 12:45| Comment(0) | ふ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: