2017年09月12日

人間ドック 第1章


今日、9月12日は私にとってはXデーなのである。

さかのぼること4か月の5月の、とある日。。。



生まれて初めて健康保険組合から、
人間ドックの案内が手元に届いた。
そこそこの費用がかかるものだが、
ある程度健康保険組合から補助金が出る。

しかし、上手に料金設定されていて
通常の健康診断レベルなら
補助金の範囲内であるが

脳ドックとかオプションをうけると
数千円は補助金の範囲内から足が出る

私は
胃カメラの検査は要らないので、
脳のMRI検査を受けたい。

と申し出たが、

そういうことはできない。
 胃カメラはパッケージに入っているので
 取り外せない。
」と断られた。

それでも「脳のMRIだけ検査してほしい
と粘ったが、
そういうことはできない。
 MRIはあくまでオプションである。

と断られた。

人間ドックを受けさせてもらえるだけでも
ありがたいし、もう60歳までこういう機会に
恵まれないということもあり、

やむなく、
通常の人間ドックコース
脳のMRI検査をオプションで付けることにした。

周りの人は「MRIより、PET検査の方がいいですよ
と、PET検査の方を勧めてきたが、

 −−申し込んでからそんなこと言われても・・・

という気持ちで一杯だった。

そして検査は3か月後の
8月10日に決まった。


つづく




技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 16:23| Comment(0) | ふ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: