2017年11月23日

お好み焼き


約1年ぶりぐらいに広島に行った。
1年前は広島出身の人と
広島駅ビル「ASSE(アッセ)」にある、お好み焼きを
食べに行った。
30分ほど並んだけれど、

本当においしかった。
生涯食べたお好み焼きの中でも
3本指に入るぐらいの美味しさだった。

今回は一人で行った。
1年前に食べたお好み焼き屋にも行こうとしたが・・・



大勢並んでいたので、
比較的すいている店に入った。

しかし、店に入っても、誰も
いらっしゃいませ」も言わなかった。
私が席に座ろうとしても
誰も何も反応しない。

私はその店を出た

そして隣のお好み焼き屋に入った。
やっぱり、誰も何も言わない。
私が店内に入ったことすら気が付かないようだ。

私はその店を出た。

広島のお好み焼き屋は
一体、どうなってるんだ!?


そしてさらに隣のお好み焼き屋に入った。
かろうじて、目が合ったアルバイト風のお姉さんが
初めて声をかけてくれた。

いらっしゃいませ!」、、、
ではなく
おひとりですか?
だった。

あり得ないと思って、
違う店に行こうとしたが、
さらにその隣の店は
並んでいたので、
その店でお好み焼きを食べることにした。

椅子に座って、メニューを見たら
番号で注文してください」って書いてあったので、
私は食べるお好み焼きを決めて、
しばらく待っていた。

3分ほど待っても、水も出ない。
私はだんだん、イライラしてきて、

カウンター越しの店員に
すんません!5番下さい」と言った。
しかし店員は私と目を合わせただけで、
あいよ〜」とも言わず
すぐに目をそらした。

久しぶりに、飲食店で「カチン!」ときた。

しかし、ほどなく、さっきのアルバイト風の
お姉さんがやっとを持ってきて注文を聞いてくれた。

私は「5番下さい」と言った。

10分ほど待って、お好み焼きが目の前に出された。

一口食べた。
何の変哲もないお好み焼きだ。
マズくもないが、美味しくもない。
家のお好み焼きのほうが、はるかに美味しい。

テーブルにあった、おたふくソースをかけたした。
それでも、そんなに美味しくない。

結局、全部食べ干したものの
 −−もう2度と、広島の駅ビルでは
  並んでいない店には入らない。

そう決めた。

素直に、並んででも、1年前に食べた
お好み焼き屋に入るべきだった。

その名も「麗ちゃん」!!

間違いない!!


つづく





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 21:13| Comment(0) | ひー!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: