2018年01月25日

変速機とチャレンジパッド


朝、自転車に乗っていて、
変速機のグリップの番号を
2から4ぐらいに切り替えたら


キャプテンスタッグ オッフル SHIMANO製 変速機グリップシフト ワイヤーツキ 6段 右用 Y-2467

突然、

ギシャギシャっ みたいな異音とともに
変速機が効かなくなり、「2」のまま変更できなくなった。

何度も変速機のグリップを回すも、
空回りである。

会社を遅刻しても、
自転車屋に行こうとしたが、
開店まで1時間はある。

−−ブレーキが壊れたわけでもないし、
 自転車をこげるにはこげるから、まあ、いいか。
 夕方30分ほど早引きして、自転車屋に寄って帰ろう


と思って、通常通り会社に行った。

で、夕方
案の定、会社を早引きすることを忘れた・・・


でも、


不思議なことに
帰りに自転車に乗って、
変速機のグリップを回してみると、
ちゃんと変速できた。

ちょっと、気持ち悪かったから、
ダメもとで遠回りして自転車屋に寄ってみた。

いつもなら閉店の10分後ぐらいの時刻だったが、
たまたま、パンク修理のお客さんが帰るところで、
閉店のギリギリセーフ。

いろいろ診てもらったけれど
結局異常なし

朝、尋常じゃない寒さで、
ワイヤのどこかが凍り付いているような個所が
あったんだろう・・・

ということで様子見になった。

遅刻もせず、早退もせず
自転車も無事で、なによりだった。

しかし、

家に帰ると
息子が勉強しているベネッセのチャレンジパッド
インターネットにつながらず、
今日の2月号への更新に結局、2時間
費やすことになった。

なんか久しぶりに
塞翁が馬の故事成語を思い出した
1日となった。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 22:29| Comment(0) | ふ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: