2018年01月30日

廊下


会社で廊下の角を曲がるときに
別の人とぶつかりそうになった。

もしどちらかが急いでいたら、
絶対にぶつかっていただろう。

そして急に、
私が小学生の頃、
っていうか、きっと今でも同じはずであるが、

毎月の目標とか
今月のルールとか
をクラスのみんなで決める時

その定番と言ってもいいほど
よく挙げられたのが
ろう下を走らない!」 (廊下はまだ習ってない

正直、私は小学生の頃は、
・どうして廊下を走ったらダメなのか理解できなかった。
・そもそも、人とぶつかる訳ないと思っていた。
 なぜなら、廊下の右側通行を順守しているのだから
 人とぶつかるようなことは起こり得ないと思っていた。
・現に廊下を走っていて、人とぶつかったことなどなかった。

そんな中、現代の小学校では
・廊下を走ってはいけないルールはまだあるのか?
・もしあるのなら、どうして廊下を走ってはいけないのか
 その理由を理解しているか


早速、小学3年生の息子にインタビューしてみた。

私「学校で、廊下を走ったらアカンルールってあるの?
息子「あるで。
私「なんで、廊下を走ったらアカンか知ってるの?

息子「スタミナなくなるから!


   息子よ・・・





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

タグ:廊下
posted by 今日の気づき at 20:56| Comment(0) | ひー!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: