2018年03月18日

注射針


昨日の続きにもなるが、

病院で感じた、不思議なやりとりを書いておこう。

造影剤を入れるため、
点滴を入れながらのMRI検査をした私。

無事終了したが、
じっと手を動かしていなかったのが、原因か
注射針が刺さったままなのが原因か
それは分からないが、
左手がそこそこ痺れていた。

おまけに、注射針独特の
少しの痛みと、違和感もあった。

だから、検査終了後はすぐにでも、
注射針を抜いて欲しかったのである。

しかし、
看護士「お疲れさまでした。あちらへどうぞ。
私「はい

看護士「今から、注射針を抜きますね。
私「はい。(待ってました。優しくしてね)

看護士「この後、診察はありますか?
私「いや、聞いていないです。

 −−そういえば、今日は検査だけだったな。
 いつ診察があるんだろう?
 また、予約とかするんかな?


看護士「そんなことは、ないと思いますね。
 ちょっと待ってくださいね。


注射針を早く抜いて欲しいのに、
その作業にかからないまま、
パソコンで、私のことを調べている。

また、これが、長い!
1分ほど待った。

看護士「確かに、何も登録されてないですね。
 おかしいな。もう、ちょっと待ってくださいね。


  −−もう、調べるのは後でいいから、
  早く、この左腕に刺さった、
注射針を抜いてぇ!!!

心の叫びが届くことなく、
また、1分ほど待った。

看護士「うーーん。おかしいな・・・
 この後、脳外科の受付で
 診察の受付をしてくださいね。


しかし、

・MRI検査して、その結果を
 そんなにすぐに教えてくれるものなのだろうか?
・結果出るまで1時間ほど待たされて、
 その後の診察になるのと違うだろうか?

朝食を抜いており、お腹がすいている中、
早く診察してくれるのかどうか、心配になった。

総合病院の診察待ち時間は、長っいからなー・・・

つづきを読む





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

タグ:注射針
posted by 今日の気づき at 18:08| Comment(0) | ひー!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: