2018年05月24日

キャッシュバック


話の発端は、約3か月前に遡る。

2月10日 (土) のことだ。

当時、中学2年生の息子の自転車は、
13年前に私が妻に買った
古い電動自転車に乗っていたが、

さすがにバッテーリーの持ちが悪くなり、
ブレーキの効きも甘く、
タイヤチューブもパンク修理だらけでボロボロになり
買い替える決断をした。

で、


近くの自転車屋に息子と、自転車を買いに行った。

いい自転車があったら、買って帰るつもりだったが、
あいにく、欲しいと思った自転車は店になく
取り寄せということになった。

値段を聞いたとき、
いつもは10%ほど勉強してくれる自転車屋だが、
今回は、カタログに記載の価格から端数を切り捨てくれたが、
4%引き程度の価格を提示してきた。

−−もうこのお店で自転車を7台以上買ってるんだし、
 今までは、ことごとく
10%ぐらい引いて
 さらに、端数切捨てまでしてくれてたのに、
 今回だけ、
なんで??

と思って、交渉してみた。

私「いつももっと、引いてくれてるのに・・・
おじさん「今度、メーカーがキャンペーンやってて、
 
1万円のキャッシュバックしてくれるねん。
 それで、今回は勘弁して。


私は、
 −−キャンペーンの関係で、自転車の仕入れ値の
  交渉でいろいろとあるのかな?

などと、思って、それ以上価格の話はしなかった。

とりあえず、自転車の購入の申し込みをして、
自転車の総合カタログをもらって、その日は家に帰った。

夜、カタログを見ながら、楽天とかで同じ自転車を
探していると、平気で定価の2万円引きとかで売られている。
もちろん税込み。

最安値だと約2万5千円引きとかである。
これだとキャッシュバック1万円と合わせて3万5千円引き。

一方私はというと、
5千円引き+キャッシュバック1万円で、1万5千円引き

 −−なじみの店だし、まあ仕方ないか・・・
 アフターサービスもしてくれるからな・・・
 しかも、もう注文した後やし。。。


とか思いながらも、
1週間後の納品を心待ちにしていた。

ところが・・・

続きはこちら




技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 14:38| Comment(0) | ふ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: