2018年06月09日

授業参観


今日は小学四年生の息子が通う学校の
授業参観

別に、今日、思ったことではないが、

日本で産まれた赤ちゃんが
どんどんと成長していく中で
日本語を覚えていくとき、

まず、
で聞いて、で話して、
で文字を読んで、最後にで書く。

要するに
聞いて、話して、読んで、書くというプロセスを
ゆっくりと踏む。

聞くのは
0歳
話すのは
1歳
読むのは
2歳
書くのは
3歳
ってところだ。


これに対し、
日本で育った子供が英語を学ぶ時、
目で文字を見て、手で書いて、
耳で聞いて、口で話す。

でも、耳で聞いて、口で話せる人は
学校の授業だけでは、育たない。

日本の英語教育はなんか間違ってる。

と思っていた。

今日の授業参観の科目は、

  英語!

参観しながら、そんなことを考えていた。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

タグ:授業参観
posted by 今日の気づき at 20:14| Comment(0) | へ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: