2018年06月12日

金利6%


銀行に100万円預けても、
年利0.01%じゃ、1年間で100円の
利息しかつかない。
ここからさらに20%の税金を取られては
なんと80円である。

こんな利息じゃ封書も送れない。
なのに銀行は
利子が付きました!」って
郵便で連絡してくる。

そんなサービス要らないから、
もっと利息を増やしてほしいもんだ。

ところで、今、
米ドルなら年利6%という商品もあって
随分お得なようなように見えるキャンペーンをしている
銀行もあるようである。

しかし、ここに数字のマジックがあって、

よく見ると、1か月間のみ年利6%
あとは年利1.5%ぐらいである。

要するに、1ドル=100円として
100万円分(1万ドル)を預けたとすると、
最初の1カ月は6%÷12で、5000円の利息。
残り11カ月で1.5%÷12×11=1.375%で 1万3750円の利息。

全部で大体 18750円の利息となる。

100万円が18750円の利息になったらいいやんか!

と思うかもしれないが、1年間で
1ドルが95円になったとしたら、元本割れになる。
しかも1年間引き出せない商品もある。

こんなリスクを抱えるくらいなら、
普通に米ドルの普通預金に1万ドルを入れて、
米ドルが105円になるのを待って、
即売った方が確実に5万円の利息がつく。

年利6%といっても
そういうリスクがあることを忘れてはいけない。






技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 22:40| Comment(0) | へ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: