2018年11月18日

内視鏡 その2


昨日の続き

生まれて初めて、鎮静薬を使った
胃の内視鏡検査を受けた。

注射して鎮静薬を入れて、
あとは、今までとおりで、楽なだけ・・・
と思っていたが、

看護士によると、
点滴を入れたまま、検査するという。
私は注射はともかく、点滴は超絶嫌いである。。。

 −−え゙〜っ! 点滴ぃ〜!!!

と思ったが、大人げないので、今度は
声に出さなかった。

無念にも点滴注射をさされ、
検査に上った。

看護士、「口にこれを加えて、軽く噛んでくださいねぇ。
 ・・・
 はーい。
 ・・
 唾液とかが出てきても飲み込まず、
 ここに吐き出してくださいねぇ。
 ・・・
 では、鎮静薬を入れていきますねぇ。


私は口に何やら加えさせられたので
何にも言えない。

事前に医師からの事前の説明では
鎮静薬を使うと
検査中に眠る人もいる
という。

私は
朝起きたばっかりだし、
昼寝とかする方じゃないし、
絶対眠ることはない。

と思っていた。

しかし、なんと!

鎮静薬を入れていきますねぇ

の言葉を聞いて、
眠くなる感覚になることもなく
たった、5秒で

  意識をなくした。。

意識を取り戻したのは、休息スペースだった。
点滴針をいれたまま。
移動式の検査台に乗ったまま。

時計を見たら、鎮静薬を入れて、
ちょうど、1時間後だった。

続きを読む





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 00:45| Comment(0) | ふ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: