2019年05月31日

救急車2


昨日の続き


なんとか駅までたどりつき
すぐに電車が来た。
内科を探した時は運が悪かったが、
ここは運が良かった。

迷わず優先座席に向かったが、
あいにく満席。
誰も私が重病人であることに気づかず、
席を譲ってくれる人はいなかった。
やっぱり運は悪かった。

そしてこういう時に限って、
停車駅に停まっても誰も降りない。
だんだん冷や汗が出てきて、
額から滴り落ちそうになって
とうとう、しゃがみこんでしまったが
それでも席は空かなかった。
しかし、なんとか倒れこまず、電車が駅に着いた。
あまりの腹痛で家の近くの内科にいく気持ちが萎え
駅近くの総合病院に行った。

救急車も受け入れてくれる病院だからきっと
大丈夫だと思ったし、
もし診察を断られたら、その場で本当に
救急車を呼ぼうと心に決めていた。

夜間外来の窓口に倒れ込むように入ったが、
こんな時に限って、別の患者さんが、なにやら
窓口の人ともめている。

ーーもう!勘弁してくれっ!!
救急車呼ぶぞ!
と思ったら、私の受付の番になった。

つづく




技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

タグ:救急車
posted by 今日の気づき at 23:33| Comment(0) | ひー!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: