2019年12月09日

答えはない


時々「正解は一つではない!
ということを聞くことがある。

ある二つの数字を足して100になる数字は何と何?
とか
次の文章を読んで、○○さんの気持ちを答えなさい
とか
そういうのである。

でもどうも私がひっかかるのは
この問題に答え(正解)はない!
という表現。

 −−正解がないなら、全部誤答か!?
と思ってしまうが、

この問題に正解はない!
という場合は、得てして、
正解は一つではない!
の意味であることが多い。

今までで、本当に
 −−この問題に正解はない!
と思ったのは

太郎君は、花屋さんに行きました。さて、何でしょう?
花子さんは、お風呂屋さんに行きました。さて、どうでしょう?

というダウンタウンの若いころの漫才の問題ぐらいだ。





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

posted by 今日の気づき at 21:10| Comment(0) | ふ〜!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: