2020年01月31日

確定申告9


昨日の続き

一旦、確定申告をあきらめ、
−−月曜日に人事部に聞いてみよう
と、思ったものの、
単に「源泉徴収票がおかしいんです」と
上から目線で申告しただけでは
あなたがおかしいんです
と言われるに決まっているので、

源泉徴収票のとおりに確定申告したら
 このように印刷され、税金を納めないといけなくなります。
 私のどこが間違えていますか?

と、下手に人事部に相談できるように、
土曜日の夜に、5回目の確定申告を入力し
確定申告書を印刷して準備した。

翌日(日曜日)の朝。
確定申告の結果と、源泉徴収票の結果が
違うことがやっぱり気になって、
土曜日に印刷した確定申告を手元に置き
6回目の確定申告をしてみた。

そしたら、信じられないことに気が付いた。

なんと!
あろうことか!

扶養家族から20歳の娘が欠落しているではないか!!

源泉徴収票の
配偶者の額」と「扶養家族の対象者の数」で
私の大錯覚があり、
扶養家族の対象者の数」の1名は
20歳の娘のことを指すのにも関わらず、
妻のことを指すものと
勘違いしていたのが原因(言い訳)である。

娘を扶養家族にとして入力したら

やった!
見事に源泉徴収票と一致した!

 −−これで、やっと還付金の申請ができる!!

そう思った!

しかし、、、
やっぱり 甘かった。。。

つづきを読む





技術士(情報工学部門)と情報処理技術者試験の解説なら
  
〜ファーストマクロ

タグ:確定申告
posted by 今日の気づき at 21:18| Comment(0) | ひー!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: